土地にかかる税金と負担

6月 23rd, 2013 Posted by admin

立地がよく利便性の高い場所にある土地や建物などは、利用価値があるので、不動産としては人気があります。このような不動産は、将来、地価の高騰も期待できることから、売買も盛んになっているといってよいでしょう。

そのことから、これらの良好な不動産を買うという人や企業の多いとされています。

しかし、不動産を買っても利用しないと地価が上がるたびに高い固定資産税を支払うことになったり、場所によっては都市計画税なども徴収されるようになります。

このように不動産の場合、税金がかかるので、不動産を手にしても維持費で困るという人も多いとされています。

特に土地の場合、地価の急な高騰によって固定資産税が高くなることがよくあります。そのようなことから、土地の売却も考えるという人も見られるようになっています。

また、固定資産税の場合、いまある建物を建て替えたり、新築、増築を行なった場合でも徴収額が増えるようになるので、住宅や店舗などの改造を行なうときなどは、固定資産税についても気にしたほうがよいでしょう。

急に固定資産税が上がると負担が増えるようになります。そのことから、建物の建て替えや新築では、税理士などを活用して固定資産税の計算をしっかりと行なっておくことが必要といわれています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>